金利を安く借りられるのは銀行カードローン

キャッシングを利用してお金を借りると、必ず金利が付いて回ります。
この金利を低く借りたいと誰もが思うことで、金利を抑えて借りたい場合はキャッシング会社の金利を比較するとよくわかります。

 

低金利で選ぶなら銀行カードローン

金利設定は、全ての金融機関で一律なものではなく、金融機関独自の基準で決めているので、それぞれ違いがあり、一般的には銀行<信販系<消費者金融系と順番に高くなっていきます
近年では消費者金融でも比較的リーズナブルな金利設定をしているところが増えてきました。

 

いずれにしても、お金を借りるのなら、金利の安いキャッシングが良いことは間違いありません。
金利が高ければ高いほど返済をしていく中で余分に支払いをしていかなくてはならないので支払いに負担がかかり、借入金額が多ければ多いほど支払い金利も高くなってしまうので、その分返済をする際の経済的な負担も大きくなってしまうでしょう。

 

金利負担は利率だけでは決められない

大手消費者金融の金利は、下限金利4,5%〜上限金利18,0%の範囲に収まっています。
即日融資でお金を借りたい時、銀行の平均上限金利は約14,0%前後なので、その差は4%となります。

 

たとえば給料日前の10日間、5万円を借りるとして、消費者金融の利息は約250円、銀行カードローンで借りると約200円となり、その差はわずか60円だけになります。
このように、短期で借りる場合は、利率より利便性を考える方がよりお金を賢く使っているという事になります。

 

長期返済は金利が大きく影響する

毎月返済額を同じ返済額で考えた場合、金利が少なければ少ないほど、元金返済に充当される金額が多くなるので、返済期間が短くなり総返済額は少なくなります。
それに比べて、金利が高ければ毎月の元金返済額は少なくなり、返済期間が長くなるので総返済額が多くなります。

 

キャッシングは、最初に返済計画を立てる事が重要で、長期で返済を考える場合は、できるだけ低金利で借りることがポイントです。

 

金利が安いキャッシング会社を探すときは、金融機関のホームページをひとつずつ見ていく方法も有りますが、キャッシングの比較サイトやランキングサイトを参考にすれば簡単に見つけられます。