キャッシングを始める前に知っておきたいこと

キャッシングは日常生活において「今月は少しピンチ!今すぐお金が借りたい」といったとき、難しい手続きをとらなくても、借りられるという便利なシステムです。

 

しかし、簡単に借りられる反面、使い方を間違えると日常生活に支障をきたすこともあるので使い方には注意も必要になります。

 

キャッシングは借りるより返すことが重要

消費者金融やクレジット会社、銀行などの金融機関からの小口のお金を借りることを、一般的にキャッシングまたはキャッシングローンと呼ばれています。
返済は短期で返すことが賢い借り方で、返済期間が長くなるほど金利が増え、返済総額が膨らんできます。

 

キャッシングは簡単にお金が借りられますが、返済計画を考えて利用しなければ、返済できなくなることもあります。

 

キャッシング会社の特徴

キャッシングは、消費者金融のキャッシングやクレジットカード、銀行カードローンなどで申込が出来ます。
ただ、それぞれに特徴があるのでそれを知っておきましょう。

 

一般的に消費者金融は銀行カードローンに比べ、審査が比較的緩くスピードも速いので、すぐにお金を借りたい時、借りやすいという面で消費者金融のキャッシングがおすすめです。

 

クレジットカードもショッピングだけでなく、キャッシング機能が有るので、買物にも使えるし、キャッシングにも利用できる便利なカードです。
しかし、お金を借りると締切日から返済日までの金利も支払わなければならないので、無駄な利息を払うことになります。

 

銀行カードローンは低金利というメリットがあり、多くのお金を借りて長期返済を考えている方にはおすすめです。
ただ、低金利なるほど審査が厳しくなることや、即日融資が可能な銀行カードローンは、金利がそれほど安くならないという面も有ります。

 

まずは審査に通ること

審査は申込書と信用情報機関の個人情報をもとに審査をおこない、「申込者にお金を貸しても返済能力があるかどうか」を判断しますが、返済能力なしと判断されれば融資は受けられません。
しかし、審査基準はそれぞれの会社で違うので、A社で断られたけれどB社で通ったということもありますので、1社申込んだけれど駄目だったとあきらめる必要はありません。

 

ただし、一度に多数の申込をすると、全部拒否になりかねないので、複数申込をする時は、時間を空けることがポイントです。