総量規制が影響するのは

キャッシングの申込は、総量規制が大きく影響しています。
とくに消費者金融やクレジット会社へ申込をするときは、総量規制を知っておく必要が有ります。

 

総量規制で変わったこと

貸金業法の総量規制は消費者金融やクレジット会社でキャッシングをする時の融資限度額は「年収の3分の1以内」という制限が付くようになり、融資を受けるには年収が必要なことや、融資限度額は最大でもこれを超えることはありません。

 

特に、無収入の専業主婦がキャッシングを始めることは、条件的に厳しくなりました

 

キャッシング全てが総量規制の対象になる?

総量規制の対象になるのは消費者金融やクレジット会社で、銀行カードローンの場合は銀行法が適用になるので、この総量規制の影響は有りません
また、総量規制には対象外になる「除外貸付」や「例外貸付」があり、全てが総量規制の影響を受けるものでは有りません。

 

総量規制の「除外となる貸付」

除外貸付にあたる項目は「不動産購入または不動産に改良のための貸付」「高額療養費の貸付」など合わせて9項目あります。
身近な例として、キャッシングを申込みたいというとき、住宅ローンやマイカーローンの借入残高があっても、キャッシングの申込書の「他社借入」にはこの借入残高を含めなくてもよいことになっています。

 

「他社借入」に該当するのは、申込先のキャッシング会社以外で借入をしている場合の金額になります。

 

「例外となる貸付」

例外貸付けは、平たく言えば、おまとめローンや借り換えローン、個人事業主ローンがこれに該当します。
これらの商品は、年収の3分の1以上の借入を希望した場合、3分の1を越えた部分について、返済ができると判断できれば貸付をしてもよいということになっています。

 

個人事業主ローンも緊急時の医療費の貸付も同じく適用されます。
また、年収のない専業主婦に対しては「配偶者貸付制度」があり、申込者に収入が無い場合、配偶者の同意を得れば、配偶者の年収の3分の1以内なら借りられるという貸付もあります。

 

総量規制の影響は、消費者金融やクレジット会社が対象になるので、たとえば年収に関係なく少しでも多くのお金が借りたい時や、専業主婦がキャッシングを始めたいときは、銀行カードローンを選ぶほうが借りやすくなるので、状況に応じて申込先を決める必要があります